『Reading Radio〜聴く読書会〜』についてのあれこれ

会の概要

『Reading Radio~聴く読書会~』はその名の通り読書会とラジオをミックスさせた新しい形のオンライン読書イベントです。ラジオのようにリスナーの方は投稿によって参加できるだけでなく、途中からの飛び入り参加も可能な読書会で、話す・聴く・投稿する、など様々な参加の仕方があるのが特徴です。
基本的には小説を取り扱う予定です。

こんな方におすすめ!

  • 読書会に参加してみたいけど、開催地が遠くてできなかった。
  • 人見知りで会話に入るのが苦手
  • こっそり覗いてみてから参加を決めたい
  • 話すのは苦手だけど文章ならいくらでも語れる!

ルールなど

まず第一に、この読書会は様々な人が気兼ねなく参加できることを目標としています。
なので、参加者同士が尊重し合うことを最も大事にしています。
具体的には以下の通りです。

  • 他人の意見や感想を否定しない
  • 作品や著者を否定しない
  • 人の話を遮らない
  • みんな仲良くする

これらのルールはこの読書会に限らず、あらゆる場で守られるべきことだと考えています。ですので、読書会が終了した後に個人的な発言の場で参加者の意見を否定するなどの行為も無いようお願いいたします。

参加方法について

会の開催にはTwitterスペースを利用します。(人数やイベントの規模に応じてツールの変更などは検討します)

イベント参加する上での役割が4つあり、運営メンバーが進行役であるパーソナリティを務めます。
運営メンバー以外の参加者は役割をアシスタント、スピーカー、リスナーの中からお選びいただけます。以下では役割について説明します。

アシスタント

パーソナリティの補佐として会の中心的なスピーカーとして参加いただきます。初参加の方のフォローや積極的な参加をしていただきたいので、複数回参加いただいた方から立候補を募ります。

スピーカー

パーソナリティ、アシスタント以外の参加者で、実際に会話に参加する人を指します。
基本的には振られてからお話する形になるので、自分から会話に入るのが苦手な方でもご安心ください。

リスナー

リスナーは会話には参加せず、会話を聴いて楽しんだり、コメントなどの投稿で参加する方法です。読書会の参加者へのコメントや、事前に募集したお題をパーソナリティやアシスタントから紹介させていただきます。コメントや投稿は自由なので聴くだけの参加ももちろんOKです。

Reading Radioの開催スケジュール

①開催告知

Reading Forestの開催の1ヶ月くらい前に次のようなことを告知します!

  • 課題図書や読む本のお題を発表
  • それにまつわる投稿の募集
  • 参加者(スピーカー)の募集 などなど

②スピーカー事前交流会(※任意)

開催の1週間〜2週間前にスピーカーとしてお話しいただく方達で集まって簡単な交流会をして、アイスブレークできたらと考えてます。基本自由ですが、次のようなことを話せたら良いかなと考えてます。交流会後にTwitterやDiscordで交流してもらうのも良いと思います。

  • 自己紹介
  • 好きな本の紹介
  • 読書会で他の参加者に聞いてみたいこと などなど

ここで話した内容を読書会でのトークに生かすのも良いと思います。各々が本を読む際に重視することや、他の人に聴いてみたいことなどを話せると0から話すことを考えるよりも話題を整理できて話しやすいかなと思います。

③Reading Radio(当日)

パーソナリティーを中心に読書トークしていきます。流れは↓のような感じをイメージしてます。

パーソナリティ(進行)⇨スピーカー(フリートーク)⇨パーソナリティ(リスナーメッセージ紹介)⇨スピーカー(フリートーク)⇨パーソナリティ(進行)

こんな感じで基本的には皆さんが落ち着いて話せるように順番にお話ししていただきます。オンラインなので同時に話すとごちゃごちゃするので発言は挙手した人をパーソナリティが指名します。合間に事前に頂いた投稿なども紹介して、それについてスピーカーやパーソナリティーでトークするので、実際に会話に参加しなくても参加しているような気分を味わえるのではと考えています。

Discordについて

Discordでは現在はReading Radioを応援してくれる方との交流や会に対する意見やアイデアを交換する場として利用しています。

参加は下記のリンクより可能です!

ルールなど

ルールについては基本的に読書会と同じになります。

  • 他人の意見や感想を否定しない
  • 作品や著者を否定しない
  • 人の話を遮らない
  • みんな仲良くする

読書会運営について

運営本部として主宰の遊川藤万(@Asukawa_Toma)と一緒に運営に参画してくれる方を絶賛募集中でございます。
TwitterのDMや↓のフォームから立候補いただけると幸いです。一度僕の考えるイメージをお話しさせていただいてから、一緒にやっていけるか判断してもらえたらと思いますので、すこし興味がある…程度でもお声掛けいただけたらと思います。

また、本読書会に積極的に参加したいという方には「サポーター」というポジションでご参加いただこうと考えています。読書会に積極的に参加したい、応援したいという方をサポーターに任命させていただき、運営の一部や広報などお手伝いいただければ幸いです。

ご希望の方はその旨を運営本部へお寄せください。
今後も最新情報をこちらのページに随時追記していくとともに、遊川のTwitterでもお知らせいたします。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお声掛けください。

Reading Radio〜聴く読書会〜なかなか動き出さない問題とそれにも関わらず立ち上げようとしている新企画「日本一短い読書会」のはなし

一緒に運営を手伝ってくれてパーソナリティーをやってくれる人を募集してるのですが、いっこうに相棒が集まらないのでいっそ遊川がパーソナリティーを頑張ればよいのでは?と思い始めてます。しかし、それには「遊川コミュ障問題」という乗り越えなければならない高い壁が立ち塞がってます。というわけで、Reading Radioと並行してもう一つの読書会企画を立ち上げようと思います。

名付けて<遊川藤万コミュ力育成企画>世界一短い(自称)読書会『1on1読書会』です。

目的

  • 遊川のコミュ力向上
  • 読書会に参加する勇気がなかなか持てない人でも頑張ればできそうなくらいの短さ、人数で遊川と一緒に読書会予行練習
  • 単純にとりあえず本の話させてくれって人とサクっと話す
  • 忙しい人でも読書を通じた交流ができたら嬉しい
  • 遊川の人となりを知ってもらいたい

内容

  • おすすめの本について遊川相手に話す。遊川は適宜質問などをする。
  • 時間は最長で15分。5分とかでも可、なんなら1分でも30秒でも全然OK。
  • 遊川もコミュ障なので、事前にフォーム↓で簡単な自己紹介や話したい本について回答してもらって事前情報ありの状態で臨みたい。
  • 遊川の人となりを知ってもらってReading Radioの運営相棒が現れるとうれしい。
  • 最終的にここからパーソナリティやスピーカーにをやりたいという人が出てくると最高。

やったろうやんという人は↓のフォームもしくはTwitterDMでお声かけください。