抱いたイメージとのギャップに作品のハートが詰まっている 死者が遺す「ぎょらん」にまつわる連作短編/『ぎょらん』(みんなの本気読書感想文)

人が死ぬ瞬間に遺す、いくらのような赤い珠。口にしたものは、死者の最期の願いが見えるという―。十数年前の雑誌に一度だけ載った幻の漫画『ぎょらん』。作者の正体も不明ながら、ネット上では「ぎょらんは本当に存在する」という噂がまことしやかに囁かれていた。三十路のニート、御舟朱鷺は、大学一年のときに口した友人の「ぎょらん」に今も苦しんでいると語るが…。とある地方の葬儀会社で偶然に交錯する、「ぎょらん」を知る者たちの生。果たして「ぎょらん」とは一体何なのか。そして死者の願いは、遺された者に何をもたらすのか―。「R‐18文学賞」大賞受賞作家が描く、妖しくも切ない連作奇譚。

「BOOK」データベース

レコメンドレビュー

ぞぞ(@Kindletramp)

 物語を鑑賞した時、本当に心に来ると、作品へ抱いた感情をそっくりそのまま取っておきたい、と思います。

 近年、そういう気持ちにしてくれたのが、町田その子さんの小説でした。著作には、本屋大賞を受賞した『52ヘルツのクジラたち』や、デビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』など、魅力的な作品が多くありますが、ここでは『チョコレートグラミー』の後に出版された傑作『ぎょらん』について、ご紹介したいと思います。

 本作は、死者が死の瞬間に生み出すとされる「ぎょらん」にまつわる、一風変わった連作短編集です。ぎょらんを食べると、生み出したその死者の最期の願いが見えるといいます。死んだその人から愛されていたという実感があれば、ぎょらんは美しい存在になり得ますが、亡くなった人への罪悪感に苛まれていれば、どれだけの恨み言が詰まっているかと考え、その珠へ恐怖を感じるかもしれません。

 けれど、物語は、そういった登場人物たちの思い込みを見事に裏切り、予想だにしない死者たちの思いへ誘っていきます。

 意外な形でそれぞれのストーリーが繋がってもいて、それが詳らかになっていくにしたがい、どの人物にもその人の人生があり、ものの見方があって、これまでの歴史があるのだということがひしひしと感じられます。ぎょらんにまつわる群像劇ともとれる作風が、とても素敵です。

 最終話にはあっと驚く仕掛けが満載。それぞれの物語が見事にひとつに収束し、ぎょらんにまつわる作品世界を作り上げています。

メインレビュー

以下、内容やネタバレを含む場合があります

 この作品の大きな魅力は、イメージのギャップです。登場人物たちが抱いていた死者に対するイメージ、それがくるっとひっくり返る瞬間に、大きく感情を揺さぶられます。

 例えば、最後から2番目に収録されている「あおい落葉」。語り手の女性・小紅は中学時代に亡くなった「親友」の葉子に対し、身勝手で自己中心的で支配的だったという印象を抱いており、読み手も語られる数々のエピソードにより、そういうイメージを植え付けられています。親友の印として刺青を入れることを強要したり、自分とお揃いにするため嫌がる小紅にショートカットにさせたり。耐えきれなくなった小紅は、自身の思いをぶちまけ喧嘩してしまいます。そして、その直後に葉子が殺害されてしまいます。小紅は葉子が自分を憎みながら死んだと思い込んでいました。

 しかし、葉子の死の直前に埋められたタイムカプセルから、小紅と読者は彼女の本心を知ることとなります。

 そこにあった手紙は、未来の葉子自身に宛てたものでした。小紅のことを大事にしたいのに、今の自分はそうできていない。ワガママを言ってしまう。未来の自分は、ちゃんと仲良くできているだろうか。自分は小紅が大好きで、小紅といると世界が輝いて見えるから、小紅も同じだと思い込んでいたけれど、違ったみたいだ。たくさん傷つけてしまっていた。これから、ちゃんと話したい。

 その思いが叶わぬまま、殺害されてしまった葉子。死後に判明したあまりに苦しい家庭環境も相まって、彼女の言葉が切実に胸に迫ってきます。本当に心の拠り所は小紅だけだったのだと。本当に小紅のことを思っていたのだと。けれど、ずっと彼女の思いは届かず、小紅に恨まれていると思われていたというのが、より悲しく切ないです。

 元々抱いていたイメージとの落差。そこで生まれる行間に物語のハートが詰まっています。悲しく切なくやりきれなく、けれど知らなかった優しい事実に救われる。キャラクターに感情移入して読める文章だということもあり、その心の救済に、感情の追体験をさせられます。

 こういう予想だにしない展開により、物語が色を変えて輝き出すのが、本作の特徴であり魅力です。自身の殻の中からしか物事を見れていなかったキャラクターの視野が広がる瞬間は、世界も開けたように感じられます。

 また、連作短編として、とても面白い構成をとっています。
 1作ごとに語り手が違うのですが、その語り手とは別に、どの物語にも共通して御舟朱鷺という人物が登場するのです。作品全体としては、朱鷺が主人公と言えるでしょう。
 必ず物語の中心の方に出てくる彼もまた、ぎょらんに翻弄されており、彼が過去に食べたぎょらんの件が少しずつ紐解かれてゆくのも見所です。1作ごと、登場するごとに成長している彼が、ラストで辿り着くひとつの答えはとても感動的です。

 けれど、全ての謎をとき明かさない所に、これから先への広がりを感じます。朱鷺を初めとした登場人物たちが、今後もどんどん成長(変化)していくのだなと思えた所にも、たいへん好感を抱きました。

皆さんのレビューもお待ちしております!

レビュー掲載先着50名様に500円分のAmazonギフト券を進呈します。
ぜひご参加ください!