CATEGORY

Others

  • 2022年4月2日
  • 2022年4月2日

『揺れる8月の向日葵を、手折る君の手が眩...

 子供の頃の記憶を引っ張り出そうとすると、決まって蝉の鳴き声が脳内に響いた。蝉の声に包まれた回想の中で、幼い彼女のあどけない笑顔が何度も繰り返し再生されるのだ。 […]

  • 2022年2月26日
  • 2022年2月26日

『幻影』/遊川小説

 社会人3年目の春は、出会いも別れも訪れない退屈な季節だった。入社して3年目になっても会社では1番下っ端のままだし、別れというほどの別れもない。ただ、緩やかに疎 […]

  • 2022年1月15日
  • 2022年1月15日

『She said』/遊川小説

 早朝、目が覚めた。窓の外の冬の朝は、まだ夜の顔をしていた。週に二日か三日、こんな風に早めに目が覚める日がある。仕事を開始するまで三時間強、たかだか数時間、しか […]

  • 2022年1月6日
  • 2022年1月6日

『今年一番の大勝負』/遊川小説

ー2021年10月某日  10月にもなると、どことなく年末年始の気配をうっすらと感じ始める。かく言う自分にも、年始に向けた大仕事が舞い降りてきた。この会社に入社 […]

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月18日

『Reading Radio〜聴く読書会...

会の概要 『Reading Radio~聴く読書会~』はその名の通り読書会とラジオをミックスさせた新しい形のオンライン読書イベントです。ラジオのようにリスナーの […]

  • 2021年10月30日
  • 2021年11月13日

『パンダに会いたくなった』/遊川小説

 「上野公園の人だかりが、鬱陶しくなくなったらもう冬だよ」と教えてくれたのは誰だっただろうか。その子は「動物園より美術館に行きたくなったら冬だ」とも言っていた気 […]

  • 2021年10月30日
  • 2022年1月15日

『最高の私で最高の告白を』/遊川小説

SIDE A  9月に入って最初の日曜日、今日は私が好きな彼の誕生日。せっかくの誕生日、しかも日曜日なのに呼び出しに応じてくれたということは、聞いていた通り彼に […]

  • 2021年10月30日
  • 2022年1月15日

『呼んだらすぐに来て』/遊川小説

 せっかくの土曜の夜なのに、彼は仕事だと言って出て行ってしまいました。わざわざ二人分の食材を買って、いつもの2倍重たい買い物袋を両手に持って帰ってきて、彼が来る […]