Reading Forest
AUTHOR

Reading Forest

  • 2022年7月30日
  • 2022年7月30日

『さい』/遊川小説

 朝目が覚めると、顔も洗わずにサンダルを履いて庭に出る。寝起きで乾いた自分の喉を潤すより前に、庭の野菜たちに水をやるのだ。そうすることに特段こだわりは無かったの […]

  • 2022年2月26日
  • 2022年2月26日

『幻影』/遊川小説

 社会人3年目の春は、出会いも別れも訪れない退屈な季節だった。入社して3年目になっても会社では1番下っ端のままだし、別れというほどの別れもない。ただ、緩やかに疎 […]