記事一覧

  • 2022年1月15日
  • 2022年1月15日

『She said』/遊川小説

 早朝、目が覚めた。窓の外の冬の朝は、まだ夜の顔をしていた。週に二日か三日、こんな風に早めに目が覚める日がある。仕事を開始するまで三時間強、たかだか数時間、しか […]

  • 2022年1月6日
  • 2022年1月6日

『今年一番の大勝負』/遊川小説

ー2021年10月某日  10月にもなると、どことなく年末年始の気配をうっすらと感じ始める。かく言う自分にも、年始に向けた大仕事が舞い降りてきた。この会社に入社 […]

  • 2021年10月30日
  • 2021年11月13日

『パンダに会いたくなった』/遊川小説

 「上野公園の人だかりが、鬱陶しくなくなったらもう冬だよ」と教えてくれたのは誰だっただろうか。その子は「動物園より美術館に行きたくなったら冬だ」とも言っていた気 […]

  • 2021年10月30日
  • 2022年1月15日

『呼んだらすぐに来て』/遊川小説

 せっかくの土曜の夜なのに、彼は仕事だと言って出て行ってしまいました。わざわざ二人分の食材を買って、いつもの2倍重たい買い物袋を両手に持って帰ってきて、彼が来る […]

  • 2021年10月30日
  • 2021年10月31日

『723』/遊川エッセイ

 僕が彼女と出会ったのは、真夏の暑さを一切に忘れてしまったような、ちょうど今頃の涼しい風が心地よい秋の真っ只中だった。大学四年の短期バイト、出会いとしては非常に […]